似てるようで違うんです!もろみ酢と黒酢の違い【詳しく紹介!】

もろみ酢と黒酢ってどちらもよく耳にするし、お酢だし、なんだか同じもののような気がしてきますよね。

 

でもこのもろみ酢と黒酢は主成分から違うものなんです。

 

もろみ酢の主成分はクエン酸で、黒酢の主成分は酢酸です。

 

またもろみ酢の場合は泡盛を作る過程でできるもろみを使用して作られています。
これがクエン酸がたっぷりなんですね。そして黒酢は、原料を酢酸発酵させて作ります。

 

このように、作り方にも違いがちゃんとあるのです。

 

 

 

他の違いには出身地の違いというものがあります。もろみ酢とは沖縄県ですが黒酢は鹿児島県が出身です。

 

他にもクエン酸は粉ですが、酢酸は液体です。成分も全然違うし、原材料もちがいます。
クエン酸はにおっても無臭ですが、酢酸はにおうと鼻につんとくる感じがあります。

 

もろみ酢と黒酢どちらも体にいいことで有名ですが、結局どっちがいいんだろうと悩むかもしれません。
違いはいろいろあれど、体にどちらもいいので自分の好みに合う方を選んでみてくださいね。

 

 

もろみ酢を簡単にとることができるすっぽんもろみ酢が人気です!